薬の個人輸入が解禁になりました

2014年6月、薬事法が改正されてたことにより、ネットの個人輸入でも薬が買えるようになりました。
以前の薬事法の改正では、薬の個人輸入ができなくなってしまったわけですが、草の根活動的な運動とネット事業者のPRの努力が実った格好です。
薬の個人輸入が原則解禁となったことで、私たちの薬との付き合いはどのように変わるのでしょうか。
ですが、考えてみると、以前薬事法が改正されるまでは、普通に薬を個人輸入で購入していました。
今回の薬事法の改正では、それが元に戻っただけなのですから、それほど特別なことが起こるとは思えません。
改正された薬事法が再び改正された影には、薬を個人輸入で購入したいという要望が大きかったのでしょう。

ずっとこれまで個人輸入で購入することができた薬が、薬事法が改正されたことで購入できなくなるというのは大きな変化でした。
漢方薬であってもネット販売ができなくなったことで、それまで飲んでいた漢方薬が飲めなくなったと困惑していた高齢者の方もいます。
近くに自分のが飲んでいた薬を扱っている薬局があればいいですが、田舎では近くに薬局がないところも多いのです。
そのような田舎では、薬を入手するのも個人輸入に頼るしかありません。
以前の薬事法の改正は、その現状を無視したものだったということができるでしょう。
6月の改正で、再び薬の個人輸入を気軽に利用することができるようになりますが、これによって恩恵を受けるのは高齢者だけではありません。

個人輸入を利用することで、時間の制約を受けることなく薬を手に入れることができます。
現在の日本人は働きすぎと言われるほど忙しく働いているため、なかなか薬局に行く暇がないという方もたくさんいるのです。

それが個人輸入であれば、時間を気にすることなく薬を注文することができます。
また、対面販売ではないため、購入することを誰かに知られたくない薬であっても、安心して購入することができるでしょう。
薄毛治療薬やダイエットサプリなど、購入していることを誰かに知られてたくない医薬品はたくさんあります。

そのような薬を手軽に手に入れられるようになることで、自分の悩みを改善しやすくなるでしょう。
また、ドラッグストアなどで購入する時は、外箱に書かれている注意書きしかみることができませんが、個人輸入であれば薬に添付されている文書や注意書き、それに他の購入者のレビューも参考にすることができます。
これらを参考にすることができることで、自分にとって本当に必要な薬がどれかを自分で判断することができるでしょう。
ドラッグストアにも薬剤師さんはいますが、通常業務も行っている薬剤師さんにそこまで細かく聞くことは憚られることもあります。
いろいろな考え方があると思いますが、医薬品についての情報が多くなり、薬を手に入れやすくなることは、私たち消費者にとっては良いことのほうが多いのではないでしょうか。
このメリットを正しく活かして、薬の個人輸入を利用したいものです。